なりすましの被害について

インターネットが普及し続けてから年々なりすましの被害は増加傾向にあるといわれています。なりすましは他人のIDやパスワードをしようしてサイトにログインをし、情報を抜き取ったり、不正に買い物をしてしまったりなどをしてしまうといった行動のことです。
コレを防ぐために、簡易なパスワードをしようしないなどのことが推奨されています。

また、煮たような手口でフィッシングの被害も多くなっています。これは有名なサイトに似た別のサイトを作成し、相手にIDやパスワードを入力させてその情報を盗み取ってしまうという被害があります。
これらの犯罪を対策することが今後非常に重要になってきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る