子供のいじめに対する親の対処法

スマホやインターネットを使用したいじめは増加している傾向にあります。しかし、LINEなど特定のメンバー以外にはやりとりが公開されていないということもあり、実態が把握しにくいということがあります。

イジメが原因夷よる被害で傷害をおった場合には民事において損害賠償を請求することができます。

学校は親に代わって子供を監督する立場に有りますので、代理監督責任の義務が生じています。教職員の故意や過失によって生じた事故は学校が損害賠償をおうことになってしまいます。

ですので、イジメをされていた場合親は子供に対して、どう守っていくのか慎重に考える必要があるかとおもいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る