道路上で禁止されている行為とは

普段何気なく利用している道路で、実はやってはいけない禁止行為という物が存在していますから、ぜひ注意しておきましょう。

道路に大量のネジが巻かれていたというケースも、道路交通法に違反しているので普段使用している道路でもルールを守ることが大切なのです。

道路交通法では、道路標識や信号機に似た工作物を設置する事や、標識や信号機を隠すような工作物を設置する事も禁止されていて、さらに交通を妨害するような物件を置くことも駄目なのです。

道路上で座ったり寝たり、酔ってフラついたり、石や金属などを投げ入れたり、ポイ捨てを行ったり、球戯も禁止されていますよ。

走行中の車や自転車の運転を妨げたり、歩行者の歩行を妨げるという行為は罰金が課されることが考えられるので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事