教育的指導とパワハラの違い

北九州市の病院に看護師rして勤務していた女性が元上司によるパワハラで適応障害になったということによて病院の運営者や元上司を相手取って約315万円の損害賠償を求めた訴訟の判決がありました。

裁判官は上司である看護師長の言動について部下という弱い立場にある原告を過度に威圧しているので違法と認定し、約120万円を支払うように命じました。

パワハラに当たる行為は身体的な攻撃、精神的名攻撃だけではなく人間関係の切り離し等もあたります。社員にパワハラが発生した場合には職場環境にしっかりと配慮していないと見なされ、職場にも損害賠償が請求されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事