ネットの誹謗中傷の書き込みの事件

女性を装って同じ大学に通っている男性にストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込んだことによって札幌市の大学生の男が名誉毀損の疑いで逮捕されました。

刑法の230条(名誉毀損)では公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損したものは、その事実の有無にもかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金を科せられます。

公然とは不特定または多数の人が認識し得る状態です。毀損とは人の社会的地位を害する行為を行うことのことをいいます。公然の場でむやみに人を誹謗中傷の発言や書き込みを行いますと罰則を受けてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事