飲酒で自転車にのると車の免許が免停!

自転車の飲酒運低でバイクと衝突し、バイクの男性を四号させたとして重過失致死容疑で書類送検された男性は道路交通法によって運転免許の180日間の停止処分となりました。

何人も酒気を帯びて車両等を運転してはいけないという法律があることは皆さんは存じていらっしゃるかと思いますが、それは自転車も例外ではありません。

公安委員会は政令で定める基準に従い、免許を受けたものが次の各号のいずれかに外該当する場合には免許を取り消し、または6月を超えない範囲で免許の効力を停止することができます。

免停や免取は他にも幻覚の症状を伴う精神病などの場合にも適用されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事