会社の経費で飲食すると犯罪?

捜査諸雑費を指摘に流用したとして業務上横領容疑で書類送検し、定食6ヶ月の懲戒処分としました。男性は合計で4回捜査諸雑費として支給された現金を同僚や部下との飲食代に流用して横領していや疑いがありました。

これは刑法の246条の詐欺に当たり、人を欺いて財物を交付させたものは10年以下の懲役となってしまいます。また財物上不法の利益を得て他人にこれを得させたものも同様となります。

業務上で自己の占有する他人のものを横領した者は、10年以下の懲役となります。領収書などを改善したりしてしまいますと損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事