児童に対する性犯罪

過去に18歳未満の女子高生とみだらな行為をしたとして京都府警下京署は、堺市に住む会社員の男を児童買春・児童ポルノ禁止法の疑いで逮捕したという事件が有りました。

容疑者の男は京都府京田辺市のホームセンターの駐車場に止めた車の中でツイッターを通して知り合った京都市内の高校1年の女子生徒(15)に現金15000円を私、淫らな行為を行ったとのことで性行為以外は犯罪では思わなかったといったことで容疑を否認しているとのことです。

児童買春・児童ポルノ禁止法は性的搾取や虐待から児童を保護し、児童の権利を擁護するために設立されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事