秘密の暴露が不正アクセス禁止法違反に

某タレントとミュージシャンの不倫騒動は一時期とても話題になりましたが、その発端となったLINEでのやり取りの流出ですが、第3者が情報を得た場合には個人情報の流出として事件になってしまう可能性があります。

不正アクセス禁止法の中に何人も不正アクセスをしてはいけないといった内容があります。不正アクセスをするために他人のIDやパスワード等を取得しても犯罪となりますが、しかし相手のメールを盗み見るだけでは不正アクセス禁止法違反になることはありません。

IDやパスワードなどを何らかの行為で取得することは悪意のある行為と見なされてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事