土下座強要はパワハラ

上司からの暴言や土下座の強要がパワハラに認定された報道について解説されています。
福岡県内の郵便局職員の男性が2011年に突然死したことについて、原因は当時の郵便局長から受けたパワハラであるとして、遺族が日本郵便に1億円の損害賠償をもとめました。
 
局長からいつ止めてもいいくらいだ、あんたがでてきたら非常に迷惑などといわれたことについてはパワハラと認定しましたが、パワハラと死亡の因果関係については判決と同様に認めませんでした。

パワハラは身体的や精神的な攻撃のほかにも過大な要求や過小な要求、個の侵害等も含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事