高速道路での違反行為について

高速道路での違反行為について解説されています。

速度超過違反:高速道路では特に指定が無い場合の法廷速度は100キロです。反則金を納めなければいけない場合には納めない場合刑事処分になりませんが、40キロ超過以上から刑事手続き処分になって6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金が課せられてしまいます。

最低速度違反では速度を落とす場合や危険を防止するためにやむおえない場合を除いて道路標識等で指定された最低速度または法廷最低速度の50キロ以下で走行すると違反となります。反則金は普通車の場合で6000円、刑事手続きの場合は5万円です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事