交通事故時の過失割合について

交通事故が発生した際に、過失割合は具体的にどのように決められるのかご存知でしょうか。

まず過失相殺が問題となる場合には、発生した際の事故状況に応じて被害者と加害者の責任割合が決定されます。
交通事故といっても、追突事故、交差点での接触事故など状況は多岐にわたりますので、いくつかの類型に分けられます。よって実務上の過失相殺が問題となる場合、『民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準』という書籍を基に判断されます。
この中で「歩行者対四輪車・単車(バイク)の事故」、「歩行者と自転車の事故」、「四輪車同士の事故」、「単車と四輪車の事故」、「自転車と四輪車・単車の事故」、「高速道路上の事故」、「駐車場内での事故」と当事者の乗り物や場所によって7つの類型に分かれ、さらにその中でこと細かく事故類型が設けられ基本の過失割合が定められております。

ということで、実際の事故状況に最も近い類型に記載された基本の過失割合を基にして、具体的な過失割合が決定されるます。
しかしスピード違反やウインカーの合図など、事故の事情により過失割合が修正されるケースもあります。

過失割合の妥当性については、専門家の意見を仰いだ方が良いでしょう。また事故に遭遇した場合、早い段階で事故現場を写真撮影しておくことも大事になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事