交通事故に遭ってから解決するまでの流れ

交通事故に遭ってから解決するまで、どのように処理されて行くと思われますか。
まず事故発生しケガをされてしまった場合には、病院で治療を行いますよね。
そして通院等で治療を続け怪我が治癒(完治)したら、この時点で事故による賠償額が確定され示談交渉ということになります。

ただし事故に遭われた方全員が、事故前と同じ状態まで回復するとは限りません。
そのようなケースでは、一定期間治療を継続していても治療効果がこれ以上望めない、即ち治療の意味がなくなってしまう時(症状固定)が訪れます。
症状固定の段階で、事故によるけがの影響が残っている場合には後遺障害の申請を検討しなければなりませんが、ここでいう「後遺障害」は普段日常で使われれる後遺症とは異なり、自賠法によって規定された法律上での概念となりますので注意しましょう。
後遺障害の認定手続きが完了すれば、完治した時と同じようにここで事故による賠償額が確定し、示談交渉となります。

示談交渉は、相手側が任意保険に加入していればその保険会社と交渉を行うことになります。
個人で示談交渉となりますとかなりの労力を要しますので、事故に遭ったらできる限り早い段階で弁護士に相談して的確な交渉をお願いしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事